ディフェクト

ディフェクト|攻略のコツ&定番デッキ解説

Slay the Spire(スレイザスパイア)のプレイアブルキャラクター「ディフェクト(defect)」の攻略のコツと定番デッキ一覧です。

ディフェクトとは?

ディフェクト

自我に目覚めた戦闘用オートマータ。

古代の技術がオーブの操作を可能にした。

太ももえろい。

ディフェクトの攻略のコツ

ディフェクトは・・・

・オーブ『ライトニング』の自動効果&解放による攻撃

・オーブ『フロスト』で自分を守り、じっくり育てた高火力アタックによる攻防

・オーブ『プラズマ』を駆使し、1ターンに大量のエナジーを供給。一気に敵を全滅させる攻撃

・多様な0コストを使った攻防

・敏捷性と筋力をじっくり育てた攻防

を駆使して、『敵の攻撃に耐えてから、一気に攻勢に転じる』防御的なキャラクター。

多様なデッキ構築ができる分、カード相性の良し悪しがハッキリと別れる。

他のキャラクターと比べると、明確なデッキ軸を構築する必要があるため、カードのピック・除去の仕方がカギとなる。

ディフェクト初心者の方は、フロストデッキを組むと操作感がつかみやすい。

定番デッキ一覧

初心者からオススメ

フロストデッキ

オーブ「フロスト(自動効果:2ブロック、解放:5ブロック)」でブロックを積み、アタック手段を育てるデッキ。

「寒気」「冷静沈着」「氷河」といったカードで防御を固め、「暗黒」などで生成される「ダーク」や、「爪」「効率化」などのアタック手段を育てて、一気に攻勢に転じる。

参考▼

最初の数ターンの攻撃力はスズメの涙だが、アタック手段が育ち切ると、1ターンに100以上のダメージをたたき出すことも可能。

登塔レベル(アセンション)が低いうちは、フロスト関連カード&ダーク生成カードをピックするだけで勝てることが多い。

登塔レベルが高くても、安定して勝てる。

集中力デッキ

集中力を上昇させるカード・レリックを利用して、高火力・防御力でゴリ押しするデッキ。

参考:集中力を上昇させるカード・レリック▼

ドローやエナジー供給を利用して、集中力を一気に積むと、2ターン目には100ブロック積めたりする。

集中力を十分に上昇させてしまえば、ひたすらオーブを解放するだけで敵が倒れていく。

オーブの自動効果・解放によるダメージ・ブロック計算が不要で、気楽にプレイできる。

電卓いらずで、筆者大好き。

ディフェクトに慣れてきた人

0コストデッキ

多様な0コストカードを、「オールフォーワン」や「切り裂き」で大量ドローするデッキ。

参考▼

デッキ検討タイミング▼

・1章終盤までに、0コストカードを2枚以上所持している状態で、切り裂きを引く

・2章序盤までに「オールフォーワン」を引く

0コストカードと、「検索」や「ホログラム」などの指定ドローカード・「核分裂」「再起動」などの0コストドローを優先的にピックする。

オールフォーワン・切り裂きの使用回数が攻撃力に直結するため、エナジー供給カード・レリックとも相性が良い。

参考:エナジ供給カード・レリック▼

「1ターンでアタック3枚使用するたび~」系のレリックとも相性が良い。

参考▼

無色カード「サナギ」「メタモルフォーゼ」をピック出来ると敵を翻弄できる。

0コストでサンダーストライクを打てたときの快感。楽しい。

「剣の一閃」などの0コストのアタック&ドローカードがあれば、デッキの除去が十分でなくても、狂気1枚で無限コンボを作れる。

カードがいっぱい使えて、とっても楽しいデッキ。

筆者、一番好き。



ライトニングデッキ

オーブ「ライトニング(自動効果:3ダメージ、解放時5ダメージ)」を軸としたデッキ。

・静電気放電で大量にライトニングを生成・解放

・エナジーを大量に供給してテンペストでライトニングを大量解放

・サンダーストライクで超ダメージ

などを活用し、とにかく物量でゴリ推す短期決戦デッキ。

いかに素早くライトニングオーブをそろえるかに腐心する。

全体攻撃「電気力学」があると、無双できる。

デッキ検討タイミング▼

・ライトニング生成手段がある状態で、第1章ボスでサンダーストライクを引く

・第2章序盤までにエナジー供給手段&テンペストを引く

ライトニングで一気に敵を殲滅する必要があり、防御カードを積む余裕がほとんどない。

デッキ構築が中途半端だとHPがじりじり削れるため、ディフェクトに慣れてきた人向きのデッキ。

高い登塔レベルでは「自己修復+」がないとかなり苦しい。

エナジーデッキ

大量のエナジー供給を軸にしたデッキ。

1ターンに大量のカードを使ったり、エナジー依存の攻撃で敵を一気に殲滅する。

「充電」「ターボ」「融合」などでエナジー供給の種を作ってから・・・

・「プラズマ」とアタックを繰り返し発動する

・メテオストライクを頻発させる

・供給されたエナジーでテンペストを発動する。

といった攻撃を駆使する。

「スキミング」や「再起動」「核分裂」などのドローカードとうまくかみ合うと、1ターンで20以上のエナジーを供給できることも。

1ターン目に「エナジー供給の種」&「ドローソース」を作れるかがカギ。

デッキ検討タイミング▼

・0コストドローカードとエナジー供給手段を引く

・第1章ボスで原子力電池を引く

・第3章序盤までにレリック「アイスクリーム」を引く

 

テクニカルデッキ一覧

再構成デッキ

集中力を失う代わりに、筋力と敏捷性を増やせる「再構成」を軸としたデッキ。

いかに早く3回以上の再構成を発動できるかに腐心する。3回積むと筋力+6、敏捷性+6になり、かなり安定する。

・筋力と敏捷性が増えるまで自分を守る、もしくは1ターン目に再構成を3回以上積む

・再構成を頻発させるための、ドロー&エナジー手段を用意する

といった手順を必要とする。

また、↑の手順を満たすまでは、再構成だけに頼ってプレイすると、高確率で第2章を突破できない。

道中の敵を倒す手段を、別途用意する必要がある(それこそ一時的にオーブ使ったりする)。

ディフェクトにかなり慣れてきた人向きのデッキ。

フロスト・ライトニングデッキ

フロストとライトニングを併用したデッキ。

集中力を上げる手段や、一気にオーブスロットを埋める手段がないと、じりじりとHPが削れていく。

また、ライトニング単体だと十分な火力を出せず、結局、別の攻撃手段を用意することになる。

それはもはやフロストデッキ。

あと計算がめんどい。

 

おしまい。

 

◆関連記事◆

ディフェクトの具体的なデッキ紹介▼

ディフェクト | 勝利デッキ解説まとめ

実績の攻略▼

全実績の攻略のコツ【デッキ例付き】

登塔モード(アセンション)の攻略▼

登塔モード(アセンション)攻略のススメ

こちらの記事もおすすめ!