デッキ考察

【世界ランキング1位】ウォッチャーの「最長連続クリア回数」全デッキ

※2021年9月5日追記※

109連勝して、世界ランキング1位を獲得しました。

ウォッチャーの「最長連続クリア回数」世界ランキングチャレンジの記録です。

109個の侵攻記録(登塔モードなし)と、連勝後のちょっとした所感を掲載しています。

デッキ構築のご参考までにどうぞ。

連勝チャレンジのルール▼

・デッキコンセプトは気分で決める!なんでもよし。

侵攻中断あり。寝落ちたら仕方がない!

・switchの左スティックのドリフトが原因で『死ぬ』とき以外は、リセット不可!(ドリフトしても、死なないならそのまま侵攻!)ミスプレイも実力のうち!

※なお、侵攻記録の解説はありません。解説のある侵攻履歴はウォッチャー勝利デッキ解説まとめを参考にしてください。

連勝してみて気づいたこと

連勝してみて気づいたことをちょっぴり語っておきます。

プレイ時間

基本は40分前後でクリアする。意外と隙間時間でできることがわかった。

※下記デッキ一覧で1時間以上かかっている場合は、寝落ちてます。

ミスプレイについて

正直、戦闘でかなりの頻度ミスプレイしても勝てることがわかった。

Slay the Spireは、デッキ構築能力>プレイスキルであると感じます。

・・・ちなみに、登塔レベル20は違うよ!

クリアしやすいデッキ軸ランキング

Slay the Spireではカードピックが運に依存します。

連勝するためには特定のデッキ軸にこだわることはできません。

ですが、ウォッチャーは、シナジーのあるカード種の数に偏りがあるため、デッキ軸によって作りやすさ=クリアしやすさが違います。

以下、今回の連勝プレイの中でで、筆者が感じたクリアしやすいデッキ軸ランキングです。

クリアしやすいデッキ軸▼

1位 憤怒(かんしゃく)・平静スイッチングデッキ

2位 マントラ・冒涜デッキ

3位 アルファデッキ

4位 経穴殺法デッキ

5位 刀剣召喚デッキ

ちなみに、スイッチング&マントラデッキは安定してクリアできますが、経穴殺法デッキと刀剣召喚デッキは、死を覚悟する瞬間がありました。左スティックドリフトが頻発してたら、絶対負けてたと思う。

なので、ウォッチャーで安定して勝ちたければ、憤怒・平静スイッチングデッキを目指すのがオススメです。

 

次は、プレイ中に(比較的)再現性があった、「スイッチングデッキのカード比」をご紹介します。

スイッチングデッキのカード比

憤怒・平静スイッチングデッキでは、とにかくスタンスをコロコロ変更する必要があります。

そのため、デッキ内にスタンス変更カードを複数枚入れる必要があります。

連勝プレイ時に、大まかにコレくらい入れば勝てるなぁという比を見つけました。

デッキ内の「スイッチング」カードの比▼

・平静スタンス:スタンス解除:憤怒スタンス=3:3:2

筆者の「スイッチングデッキ」の構築パターン▼

・平静スタンスカードは3枚。

・スタンス解除は「空虚なる○○」シリーズをあわせて2~3枚。

・憤怒スタンス変更は「噴火」と「かんしゃく」をあわせて2~3枚

お次はデッキ一覧です。

デッキ一覧

50連勝(2021年8月1日更新)

83連勝(2021年8月19日更新)

ウォッチャー83連勝

109連勝(2021年11月12日更新)

おしまい!

◆ウォッチャー関連記事◆

ウォッチャー|攻略のコツ&定番デッキ解説

ウォッチャー | カード評価(Tier)&全カード解説

ウォッチャー | 勝利デッキ解説まとめ

ウォッチャー | 50階分の全ピックを解説してみた

こちらの記事もおすすめ!