デッキ考察

Slay the Spire| キャラクター別の無限コンボ12選

この記事では、アイアンクラッド・サイレント・ディフェクト・ウォッチャーごとに、無限コンボの軸を紹介します。

4キャラクター×3軸で、合計12軸を掲載しています。

ネットで頻繁に見かける定番コンボから、テクニカルなコンボまで取り揃えてみました。

無限コンボ初心者の方は、【定番】と書かれているコンボを目指してください。

ご参考までに、個人的にコンボをつくりやすい軸をまとめておきます。

(コンボの詳細は記事本文をご覧ください)

【定番】つくりやすい無限コンボ軸ランキング(個人の意見です)▼

1位:ドロップキック軸(アイアンクラッド)

2位:その他のアイアンクラッドの無限コンボ軸

~越えられない壁~

3位:オールフォーワン・狂気軸(ディフェクト)

4位:噴火・急襲軸(ウォッチャー)

5位:策士・反射軸(サイレント)

玄人なあなたは、テクニカルなコンボをどうぞ。

※一部、2021年6月のアップデート以前のカード画像で紹介しています(効果はアップデート後のデータです)。ご了承ください。

アイアンクラッドの無限コンボ軸

アイアンクラッドは、廃棄カードの種類が豊富です(参考:【アイアンクラッド】無限コンボ軸を構成できるカード一覧)。

不要カードを廃棄して、デッキを圧縮してからコンボをスタートしてください。

【定番】ドロップキック軸

ドロップキック軸

デッキを圧縮して、弱体化を入れたあとに、ドロップキック×2を放つだけ。

最も簡単な無限コンボ。

ネットに情報がたくさんあるため、アレンジ自在。

追記:ダブルタップ + ドロップキック軸

さきほど紹介したドロップキック軸に、ダブルタップ+を追加した軸。

ダブルタップ+でドロップキックを計4回発動する。

3エナジー消費で4エナジーゲットできるので、どうとでもなる。

状態異常軸

状態異常軸

手順▼

無謀なる突進

→ 0コストドロー

→ めまいを引く

→ 進化で2ドロー

→最初に戻る

 

めまいは医療キットで廃棄すればOK。

瀉血軸

瀉血軸

手順▼

瀉血

→ 大暴れ

→ ポンメルストライク①

→ 瀉血

→ 大暴れ

→ポンメルストライク②

→最初に戻る

 

HPをリソースに大暴れを強化しまくるデッキ軸。ドM。

すべてアップグレード済なら、HPを15損失で170ダメージ HP30損失で540ダメージ※。

(※ダメージ計算:4*n^2 + 14n HPの損失:3n (nはサイクル数))

 

関連記事▼

【アイアンクラッド】無限コンボ軸を構成できるカード一覧

※参考:Slay the spire 攻略 無限コンボのススメ・コツ アイアンクラッド編(工藤さんのブログ・外部リンク)

↑神サイト。アイアンクラッドの無限コンボは、この記事さえ読めばわかる。

サイレントの無限コンボ軸

【定番】策士 + 反射軸

策士反射軸

デッキ枚数は6枚

デッキ内訳▼

①策士

②反射

③ダガースロー

④アクロバット

⑤0コストアタック

⑥0コストアタック

手順▼

ダガースロー(策士をすてる)

→ 0コストアタック×2

→ アクロバット(反射をすてる、3枚ドロー)

→最初に戻る

 

エナジー消費は実質0。

カード6枚消費で、カード6枚ゲットできる。

ヒールフォールド軸

ヒールフォールド軸

デッキ枚数は5枚。

デッキ内訳▼

①無力化

②ヒールホールド

③ヒールホールド

④バックフリップ(アドレナリンでもOK)

⑤任意

無力化

→ヒールホールド

→2枚ドローカード

→ヒールホールド

→ヒールホールド →ヒールホールドを打ち続ける。

 

脱力を与えた後、ヒールホールドを打つだけ。

不要カードをどれだけ廃棄できるかにかかっている。

純潔は、ほぼ必須▼

職人技軸

職人技軸

デッキ枚数は8枚

デッキ内訳▼

①職人技

②集中

③アクロバット

④0コストアタックまたはスニークストライク1枚以上

残りは任意のカード

職人技(手札7枚・残りエナジー2)

→ 集中+で2エナジーゲット(手札4枚・残りエナジー5)

→ アクロバット(職人技が手札に戻る。手札7枚・残りエナジー4)

→ 0コストアタックとスニークストライクあるだけ使用

→ 最初に戻る

 

関連記事▼

Slay the Spire | サイレントの無限コンボ用カード一覧



ディフェクトの無限コンボ軸

オールフォーワン軸

オールフォーワン軸

デッキ枚数は5枚。

0コストカード4種使用 ⇔ オールフォーワンをひたすら繰り返す。

リサイクルは火傷廃棄用。純潔必須。

【定番】例外:オールフォーワン・狂気軸

無色カード「狂気」が2枚必要。

オールフォーワン2枚、もしくはオールフォーワンとホログラム+を0コストにすることで、エンドレスにオールフォーワンを放てる。

参考:ホログラム+▼

デッキ圧縮せずとも無限コンボが可能なため、意外と作りやすい。

検索や、スキミングなどの大量ドローカードがあれば、圧縮が十分でなくても1ターンキルが可能(ただし、カードピックはシビア)。

メテオストライク軸

メテオストライク軸

デッキ枚数は6枚以内。

デッキ内訳▼

①メテオストライク

②スキミング

③スキミング

④0コスト3枚以内

手順▼

(オーブスロット3つすべてプラズマで埋まっている状態でスタート)

メテオストライク(6エナジー獲得)

→ 0コスト3枚以内を使用(残り6エナジー)

→ スキミング①で4ドロー(メテオストライクと0コスト3枚が戻る。残り5エナジー)

→ ※メテオストライク(残り6エナジー)

→ 0コスト2枚以内を使用

→ スキミング②で4ドロー

→ ※に戻る。

実績の「ネオン(1ターンでプラズマ9個生成する)」を達成可能。

エナジー祭り軸

融合軸

手順▼

プラズマだけがオーブスロットにある状態でスタート

① 融合+

② 再帰

③ 再帰

④ スキミング+(融合+、再帰×2の回収)

⑤ ホログラム+(スキミングの回収)

①~⑤のサイクルを繰り返すと、最終的にはプラズマを3回解放&3コスト利用=1サイクルで3エナジー獲得。

十分にエナジーがたまったら テンペストを放つ。爽快。

こちらも、実績のネオンを達成可能。

※原子力電池があったら、融合は不要。かなり作りやすくなる。

 

関連記事▼

Slay the Spire | ディフェクトの無限コンボ用カード一覧

ウォッチャーの無限コンボ

【定番】噴火・急襲軸

噴火急襲軸

急襲を使った後、内なる平和 ⇔ 噴火を繰り返す。

精神要塞や連撃があれば、ひたすらブロック・アタックをつめる。たのしい。

精神要塞があるおかげで、トゲがある敵を叩きやすくなる。

神聖スタンス軸

神聖軸

手順▼

(制定で崇拝は0コストにしておく。)

崇拝(マントラ5・エナジー3)

→ 空虚なる頭(マントラ5・エナジー2。崇拝を回収)

→ 崇拝(マントラ10→0・エナジー5)

→ 回し蹴り(マントラ0・エナジー3。崇拝と空虚なる頭を回収)

→ 最初にもどる

神聖スタンス軸でも、おまけが輝く。

悪を恐れず軸

悪を恐れず軸

手順▼

悪を恐れず(残り2エナジー)

→ 連撃 or 追撃(残り2エナジー)

→ 空虚なる頭①(悪を恐れずと連撃 or 追撃を回収。残り3エナジー)

→ 悪を恐れず(残り2エナジー)

→ 連撃 or 追撃(残り2エナジー)

→ 空虚なる頭②(空虚なる頭①と悪を恐れずと連撃 or 追撃を回収。残り3エナジー)

→最初に戻る

関連記事▼

Slay the Spire | ウォッチャーの無限コンボ用カード一覧

おしまい。

 

無限コンボの具体的なデッキ例と道中の解説▼

Slay the Spire | キャラクター別【無限コンボ】のデッキ例

無限コンボ用カード・レリック一覧▼

【アイアンクラッド】無限コンボ用カード一覧

【サイレント】無限コンボ用カード一覧

【ディフェクト】無限コンボ用カード一覧

【ウォッチャー】無限コンボ用カード一覧

【無色】無限コンボ用カード一覧

無限コンボ用レリック一覧

こちらの記事もおすすめ!