デッキ考察

Slay the Spire | キャラクター別【無限コンボ】のデッキ例

この記事では、実際に筆者が作った無限コンボを掲載しています。

無限コンボは、デッキを作っている道中で「その名が傷つく・・・」になりがちなので、道中の敵に倒されないように、どんな行動をしていたかも解説してみました。

随時、追加を予定しています・・・が、予定は未定です。

※1:筆者はひねくれものなので、ネットでよく見かけるコンボ(ドロップキック軸など)をほとんど作ったことがなく、掲載しておりません。ご了承ください。

もし定番の無限コンボ軸を知りたいかたは「Slay the Spire| キャラクター別の無限コンボ12選」をご覧ください。

※2:筆者の趣味で狂気軸が多めです。

【無色】無限コンボデッキ例

トリック・剣の一閃軸▼

無色の無限コンボ

「トリック+」&「剣の一閃+」を使った、どのキャラクターでもできる無限コンボ。

レリック「ルーンピラミッド」があるといらないカードを手札に持っていられるので、廃棄が不要。

第1章ボスでルーンピラミッドをピックしたら、無限コンボがとても作りやすくなる。

無限コンボを作るまでの動き▼

初手で暗黒だったため、ダーク軸のデッキを目指す。

第1章のショップでトリックと剣の一閃が一緒に売られていたので、急遽、無限コンボ軸のデッキに移行。

超高速航法&トリック&剣の一閃で0コストドローしつつ、レリックでエナジー供給。暗黒+の自動効果でダークを育てて、再帰や二連解放でチクチクと敵を叩く火力特化のデッキに。

除去が間に合い、無限コンボになったらあとは無双。

【アイアンクラッド】無限コンボデッキ例

瀉血・狂気軸▼

狂気でポンメルストライクを0コストにし、ひたすらポチるデッキ。

大暴れは最終的に火力底上げに活躍。

無限コンボを作るまでの動き▼

初手でポンメルストライク、第1章で大暴れを引く。

デッキを高速回転させ大暴れを叩きこむデッキへ。

除去除去除去!!

デッキの立ち上がりをクラッシュでフォロー。強打で火力を底上げして、第1章では、2ターン前後で敵を葬るデッキに。

「大暴れ+ポンメルなら、瀉血軸※の無限コンボ作るぜ!」と思ったが、第2章中盤になっても瀉血を拾えず、ショップで狂気を拾ってみたら、その後、第3章のイベントで追加2枚ピック。

ポンメルをひたすら打つ(たまに大暴れ)無限コンボデッキになった。

※瀉血軸とは?

大暴れ無限コンボ 瀉血軸

瀉血で自分のHPを捧げつつ、大暴れでたたきまくるデッキ。

すべてアップグレード済なら、HPを15損失で170ダメージ HP30損失で540ダメージとなる。

HP管理がめんどくさいが、ハマると快感。

※参考:Slay the Spire| キャラクター別の無限コンボ12選

【サイレント】無限コンボデッキ例

制作中・・・なかなかキーカードを引けないのです・・・



【ディフェクト】無限コンボデッキ例

デッキ例1(切り裂き・狂気軸)▼

切り裂き狂気無限コンボ

切り裂きとホログラムを狂気で0コスト化して、ひたすらポチるデッキ。

取るに足らぬ(ボスの1ターンキル)を達成した。

ディフェクトの定番・無限コンボデッキその1。

あくまで所感だが、ホログラムはしょっちゅう見かける。狂気も意外と見かける&イベントで手に入れられる。

切り裂きかオールフォーワンが来たら無限コンボを目指しやすい。

無限コンボを作るまでの動き▼

無限コンボをつくるぞ!とスタート。ピック数を絞ることを決意。

(↑ディフェクトは初期手札をコンボに組みづらいので、この気持ちがすごく大事)

第1章で全体攻撃としてビーム一掃をピック。ホログラム・切り裂き・オールフォーワンを待つ。道中のアタック手段として爪をピック。

切り裂きをピックできたので、爪を短いターンで放つために、再起動・ホログラムをピック。一気に爪を高火力アタッカーにして敵を粉砕。

少しでも火力を上げようと、バジュラを店売り購入。

デッキ例2(オールフォーワン・ホログラム・狂気軸)▼

オールフォーワン無限コンボ

オールフォーワンとホログラム+を狂気で0コスト化した無限コンボ。

ぱっと見、無限コンボに見えない。

ボスの1ターンキル達成。

オールフォーワンの無限コンボは、除去がほとんどいらない&無限コンボとは全く関係ないデッキで道中戦えるのがおいしい。

無限コンボを作るまでの動き▼

第1章でホログラムとオールフォーワンを引いたので、狂気を探しに行く。

その間、0コストカードをあまり引かなかったため、オールフォーワンデッキではなく、静電気放電を軸にしたライトニングデッキで道中を攻める。

結果、寒気・起動シーケンスで1ターン目を時間稼ぎ。充電でちょっぴりエナジー供給をしながら、再起動・コンパイラ・予測・ビームセルで手札をそろえつつ、隙を見て静電気放電を発動。

目潰し・闇の足枷はオールフォーワンで手元に戻ってくるお守り。

無限コンボになる前は、オールフォーワンがあまり活躍しないデッキで戦っていた。

【ウォッチャー】無限コンボデッキ例

急襲軸▼

ミニマリスト

急襲を発動後、悪を恐れず→噴火→悪を恐れずを繰り返すデッキ。

余談ですが天敵はコイツだった。もんじゃら。▼

大暴れ無限コンボ

呪い付与状態になると、アタックもできず、呪い受けるしかなくなる。

無限コンボを作るまでの動き▼

ミニマリスト(5枚以下クリア)達成するぞ!と決意。

第1章中盤で悪を恐れずをピック。あとは、第2章序盤で急襲をピック。

他はピックせず。

ウォッチャーは噴火と悪を恐れずのやりとりがとっても強いので、意外とどうにかなる。

おしまい。

ドロップキック軸
Slay the Spire| キャラクター別の無限コンボ12選この記事では、アイアンクラッド・サイレント・ディフェクト・ウォッチャーごとに、無限コンボの軸を紹介します。 4キャラクター×3軸で...
こちらの記事もおすすめ!