カード考察

「検索」カード解説・運用の注意点・コンボ一覧

この記事ではSlay the Spireのプレイアブルキャラクター「ディフェクト」のカード『検索』の解説とコンボをまとめています。

カード解説&運用の注意点

デッキのキーカードを素早く手札に入れることができる強カード。

UGすることで、任意のカード2枚を手札に。コンボとなるカードを確実にそろえやすくなる。

デッキ起動がゆったりなディフェクトには、ベストフィット。

雷の瓶に入れると、キーカードを天賦化でき、即時デッキが起動する。

注意点としては、山札が無い場合はそのまま廃棄される点。

「さようなら・・・」という悲しい気分になるが、「廃棄」であるため、デッキが圧迫されずに済む。

難しく考えずに、とりあえずピックしても問題が起こりにくいカード。

 

もう1つの注意点。検索は、あくまでデッキを補強するカード。

火力にもブロックにもならない。

デッキ軸が明確になってからピックすると無類の強さを誇る。一方で、デッキ軸がブレブレだと活躍しない。

ピック優先タイミングは第3章>第2章>第1章。

第1章の3択カードで、キーカードになりそうなカードと一緒に出てきたらピックしない。

相性の良いカード・レリック

・雷の瓶:上述。俺TUEEEEE!

 

・オレンジの丸薬

ディフェクトはパワーカードが多様なため、他キャラクターよりも活用させやすい。

有名なのは、検索(スキル)+偏向認識(パワー)+コアサージ(アタック)→集中力超UP。

相性の悪いカード・レリック

・ヘビヤモリの目

3コストになったときに絶望する。

小ネタ

・検索+が2枚あると、任意のカードが3枚手札へ。

・検索が捨て札に行った場合「ホログラム」か「オールフォーワン」でピックすることが可能。

※筆者的にはオールフォーワンで特に活躍する印象。

例)「オールフォーワン」で捨て札の検索をピックする

→山札から「爪」をピック。使用回数を増やす

→山札から「ターボ」とドローカードや「ホログラム」をピック。さらにデッキを回す。もう一度オールフォーワンを発動。

 

・状態異常カードをピックすることで、次のドローを安定させることができる

※虚無をドローしてもエナジー減少しない。便利。

コンボ

エナジー祭り

「ターボ(or 集計)」と「ダブルエナジー」でエナジーモリモリ。

ドローでガンガンデッキを回しても良し。

強化ボディで超ブロックにしても良し。

テンペスト祭りにしても良し。

エナジーさえあれば、どうにでもなる。

パワー祭り

「増幅」+「パワーカード」で一気にキーパワーを積む。

バッファー+でとっても固くなって、その隙に重たいデッキを起動しても良し。

反響化でガン強になってもよし。

その後、消費を放って、オーブスロットがなくなるまでが様式美だと思います。

 

おしまい。

 

参考サイト(日本語サイト)▼

https://wikiwiki.jp/slaythespire/%E6%A4%9C%E7%B4%A2

参考サイト(英語サイト)▼

https://maybelatergames.co.uk/tools/slaythespire/cards/seek

https://spirelogs.com/stats/defect/