カード考察

「寒気」カード解説・運用の注意点

こんな人にオススメの記事▼

「ノーマルモード」や「登塔レベル10未満」がクリアできない人

この記事ではSlay the Spireのプレイアブルキャラクター「ディフェクト」のカード『寒気』の解説をまとめています。

カード解説&運用の注意点

唯一の、0コストフロスト生成手段。

使用すると廃棄されるため、デッキが圧迫されない便利なカード。

ディフェクト|攻略のコツ&定番デッキ解説」でも話したように、ディフェクトは「いかに素早くデッキ起動できるか?」がカギ。

寒気はUGすれば初期手札に加えられるため、デッキ起動のフォローができる優秀なカード。

ただし、ピックしすぎると、初期手札が圧迫されすぎることも。

デッキや初期手札の枚数と相談だが、ピックするなら1枚だけがオススメ。2枚はいらない。

 

ピック優先タイミングは第1章=第3章>第2章。

第1章で、冷静沈着を持っている状況で寒気が出てきたら、即ピック。フロストデッキを目指す。

また、第2章は複数敵が出てくることが多い。第1章でピックしておけると活躍できる。

一方で、第2章で、ピックすることは少ない。

第3章時点で、ブロックに不安があるときはピックする。

寒気 VS 起動シーケンスについて

寒気と起動シーケンスは、どちらも『初期手札のブロック』であり、役割がかぶる。

参考:起動シーケンス

初期手札の圧迫を避けるなら、寒気&起動シーケンスの両方をピックしづらい。

どちらがいいか?と言うと、まず基本は・・・

・フロストを主軸にしたデッキ→寒気

・集中力を使わないデッキ(0コストデッキなど)→起動シーケンス

となる。

 

困るのは、第1章のデッキ方針が決まっていないとき。

デッキ方針が決まっていないときは、「起動シーケンス」をピックするのがオススメ。

というのも、寒気をピックすると、その時点で再構成などの集中力が低下するキーカードをピックできなくなる。

参考:再構成▼

デッキの多様性を維持するためにも、起動シーケンスの方が邪魔になりにくい。

また、オールフォーワンデッキであれば、オーブを使う数が少ないため、起動シーケンスの方が使いやすい。

 

ただし!

真エンディングのボスを倒す場合は、寒気の方が使いやすい。

ディフェクトはフロストデッキが一番安定して、勝てる。

「道中で負けてもいい!真エンディングを見るんじゃあああ!!」という場合は寒気をどうぞ。

要するに、

◆連勝したい=起動シーケンス

◆安定して勝てる強いデッキを作りたい=寒気

相性の良いカード・レリック

・フロストカード&レリック全般。

寒気は、戦闘開始時に一気にフロストをオーブスロットに埋められる。

1ターン目からフロスト解放によるブロックを積みやすくなるため、神シナジー。

相性の悪いカード・レリック

・再構成&ハイパービーム

集中力低下系カードの相性は最悪。

フロストがただの青い球と化す。

・静電気放電

そもそも静電気放電を使うと、フロストの調整が難しくなるため、使いづらい。

・(フロストデッキでないなら)錨&起動シーケンス

フロストを主軸にしたデッキでなければ、寒気=0コスト2ブロック。3体敵がいても、0コスト6ブロック。第2章以降は、お荷物になりがち。

1ターン目にブロックがあるなら、あえてとる必要はない。

 

おしまい。

関連記事▼

ディフェクトのカード解説一覧

 

ディフェクト|攻略のコツ&定番デッキ解説

ディフェクト | 勝利デッキ解説まとめ

ディフェクト | 50階分の全ピックを解説してみた

 

参考サイト(英語サイト・外部リンク)▼

https://dev.spirelogs.com/